カフェでソファを置いた方がいいのか?

カフェがリラックスできる空間になる


カフェでソファを置いた方がいいのか?
結論から言うとソファを置いた方がいいです。
なぜならくつろげるカフェは
お客様から好まれる大切な要素のひとつです。

カフェにくる人の目的は様々ですが、
多くのお客様はカフェにくつろぎに来ています。
そういった方に長くゆっくりくつろげるソファはぴったりです。

カフェを作りたいが、
「くつろげるカフェにするための方法がわからない」
という方にはソファを置くをおすすめします。

カフェ空間に変化が生まれる


カフェの内装を椅子とテーブルだけで構成してしまうと、
どうしてもその空間が単調になり、
来る人から「また来たい!」という欲求が生まれず、
リピートにつながりにくいです。

なぜなら、カフェでの過ごし方はソファと椅子では大きく違い、
ソファは椅子よりもお客様の滞在時間が長くなるからです。


滞在時間によって椅子を選んだり、
ソファを選んだりすることができるので、
椅子だけではなく、ソファも数席用意すると
来る人の選択肢を作ることができ、
より多くのお客様を呼び込むことができます。

ソファを置くデメリットは?

費用がかかる

一般的にソファは椅子よりも費用が掛かってしまいます。
革張りなどの張地を多く使い、クッション材を多く使うソファは
椅子よりも高くなりがちです。

スペースをとる

ソファは椅子よりもスペースを取ってしまうので、
店の席数を考えると椅子にする方がいいかもしれません。
しかし、カフェは来店客の滞在時間が長く、
一般的に回転率をほかの飲食店よりも重視しない傾向にあります。

お客様目線で考えると、できるだけくつろげるカフェに行きたいと思います。
お店が狭かったり、回転率を重視したいならば、
1人掛けタイプのコンパクトソファを置くことで解消されるので、
様々なタイプのソファを検討し、
カフェに合うものを選択するとよりお店に合う内装になります。

ソファタイプ一覧

ハイ(ロー)バックソファ

ハイバックソファ
ローバックソファ


ハイバック(ローバック)ソファとは背もたれ部分が通常のソファよりも高い(低い)ソファになります。
ハイバックソファは頭部までカバーされるので
首や肩に負担が掛からずゆっくりと過ごすことができます。
一方、ローバックソファは背もたれが低い為、
ソファの圧迫感が少なく、部屋全体を広く見せることができます。

デメリットとしてはハイバックは背もたれが高い為、
どうしても壁面に沿って設置することが多いので、置く場所が限られがちです。
ローバックは背もたれが低い分、長時間座ると首元が疲れてきます。

コーナーソファ

コーナーソファ

























コーナーソファはL字型のソファで
コーナー部分に置くことができ、デッドスペースを消してくれます。
また対面のソファとは違い、L字にすわることから対面よりも会話がしやすくなります。

コーナーソファはインパクトがありますが、圧迫感もあります。
なのでお店が狭い場合はなるべく置かない方が広くゆったりとした空間に見せることができます。

コンパクトソファ

コンパクトソファ


くつろげるカフェを作るためにソファを置きたいが置くスペースがないという方には、
一人掛けのコンパクトソファを置くことをお勧めします。

店のレイアウトによって簡単に動かせるだけではく
カウンターに置くとラグジュアリーな雰囲気のカフェになったり
さまざまなシチュエーションで使えるところも魅力です。

ソファ選びのポイント

席数のバランス


カフェの席すべてをソファにする必要はありません。
カフェにくる人はおしゃべり、食事、商談などと多岐に渡ります。
ソファは椅子よりもサイズが大きく面積を取るので
売上のバランスを考えてソファを配置する必要があります。

ソファまわりのスペースのプランニング

ソファは椅子よりもの大きくスペースをとるため
通路幅のプランニングが必須です。
席同士の通路幅は最低でも60cmは欲しいところです。
可能ならば80cmぐらいあると、なおゆったりとした空間になります。
席同士の間隔以外にもテーブルとソファ座面の高さの差も飲食においては大切です。
日本人の場合、25cm程度の高さの差が良いとされています。

おすすめのソファ3選

AXEL Ⅲ MIX DENIM SOFA | tabu


濃淡のデニムパッチワークスがかっこよく、
西海岸風のオープンなカフェからヴィンテージ感のあるカフェにまで幅広くなじみます。
背面までデニムが貼られているところもよく、
デニムならではの退色を味わいながら長く使ってほしいソファです。

Dylan | ADAL


本物の木材のようにみえるメラミン化粧板を使用したコンパクトタイプのソファ。
メンテナンス性に優れているだけではなく、
肘置き部分にもクッションが入っているので
長時間座っても疲れないようになっている。
モダン風、レトロ、北欧風など
どのタイプのカフェでも馴染むのが特徴。

VETRA |sogokagu


シンプルなデザインとカラフルな生地の組み合わせが魅力のソファ。
ローバックでカフェの中心においてラウンジ風にしたり
色違いの生地を組み合わせてポップに仕上げるなど
カフェを明るく彩ることが出来るソファです。

アトリアから一言

ソファは費用面で椅子よりも高くなりますが、お客様へのインパクトは絶大です。
ぜひカフェの雰囲気にあるあなただけのソファを選んでみてください。

◆特注生地でソファを作ってほしい。
◆カフェのソファ配置プランを練ってほしい 
などの質問がありましたら問い合わせよりご連絡ください。

<<戻る

PAGE TOP